ニュース


2017年 滝社長年頭挨拶

2017年1月4日

 本日9時15分より、名古屋本社22階にて 2017年年賀式 が開催されました。当社社長による「2017年年頭挨拶」を下記の通りお知らせします。

 新年あけましておめでとうございます。
 皆さま、あたたかいお正月を迎えられたことと思います。

 大晦日の23時半ごろ自宅のベランダに出て、外を見ておりました。何の音もしない非常に静かな中で、除夜の鐘が鳴っており厳かな気分になりました。

 一体どうしてそのような気分になったのだろうと考えました。年の最後だという時間的概念が自分の中にあり、そこに除夜の鐘が聴覚として体の中に入ってくることによってこれは何か特別な時間である、という風になっていくのだと考えております。
 毎日の自分たちの過ごしている時間に何かのイベントやきっかけを加えていくことで、自分たちの毎日の気分が少しずつ変わるのではないかという風に思いました。

 事を起こすのは自分である。毎日を当たり前のように何も変えずに、そして事を起こさずに過ごして行くというのは何の変化も与えないということになるのだろうと思いました。

 ぜひとも皆さん、毎日の仕事や自分たちの生活の中で、一つずつ池の中に石を投げ込んでみてそして波紋をつくっていって何かを自分の中から変えていこうという気を持っていただければ、この1年また違うものが見えてくるのではないかと思いました。

 今日から2年の歳月と多くの人の力を結集した新しい基幹システムが稼動いたします。現在のところ仕組み自体は十分機能をいたします。大きな流れは間違っていない、全てが流れるはずです。

 肝要なのは新しい仕組みを行っていただく皆さんの動作です。ここに習熟度が求められていきます。この習熟度を早くあげていかないと大きな混乱を招く要因になると思っております。

 皆さん、今年は「Change and Challenge」という言葉を今年は掲げていきたい。
「自分から変えていきたい。チャレンジをしていくために変える。自分からチャレンジする。人に変えられるのではなく、自分が変えていくのだ」、そういう気概を持ってこの1年また元気に楽しく仕事をしていただきたい、と考えております。

20170104.gif


ニュースカテゴリ一覧

ニュース

PAGE TOP